金時について

金時とは

金時豆はいんげん豆の仲間でビタミンB1・B2・食物繊維が含まれ特にカルシウムが豊富で煮豆の代表選手とも言われておりますが、一般的な甘く煮るだけではなくゆがくだけで大根おろしと和えるとビールのおつまみにも最高の一品になり、大根おろしのジアスターゼとの相乗効果もあり超簡単健康食品になります。

豊富な栄養※以下記述

ビタミンB1

脳や神経の唯一のエネルギー源です

ビタミンB2

肌荒れ、吹き出物を抑え肌を健康に保ちます

カルシウム

日本人に最も足りない栄養素で、タンパク質と一緒に摂ると吸収が倍増し豆はその両方を併せ持つ代表食品です

マグネシウム

筋肉の収縮を調整します

貧血症状を防ぎます

食物繊維

大腸癌・生活習慣病の予防に良い

金時の簡単なゆがき方(200gの場合)

金時を1000ccの水の中に一晩水に漬けて戻します。(目安は7時間〜8時間)水を加えることなく火にかけ沸騰してから30分から40分弱火で煮ます。

豆を上手に炊くコツ・・・薄い鍋(アルミ鍋などの薄手の物)は火のあたりが強いので、全体に硬さが残る場合があります。七層鍋や無水鍋の様な厚みのある鍋で炊くとふっくらおいしく炊けます。

金時のレシピ

金時の簡単煮豆

手順 1

金時を1000ccの水の中に一晩水に漬けて戻します。(目安は7時間〜8時間)水を加えることなく火にかけ沸騰してから30分から40分弱火で煮ます。

手順 2

ゆがいたものをザルにあげ水を軽く切り、鍋に戻します。水を2分の1カップとザラメ(もしくはグラニュー糖)1カップと塩少々を入れ、10分程度弱火にかけます。目安としてザラメが全部とけたら完成です。

ワンポイント

豆本来の味を楽しむ為に注意して頂きたいのが、この炊き方でできた直後の豆の味は薄味のように感じますが1日経過すると味がしみ込み、簡単に料亭で出てくる煮豆のような豆本来の味と甘さが味わえます。

ザラメやグラニュー糖や氷砂糖を使用すると甘さが控えめになり、あっさりして、しつこくない味に仕上がります。

豆を上手に炊くコツ・・・薄い鍋(アルミ鍋などの薄手の物)は火のあたりが強いので、全体に硬さが残る場合があります。七層鍋や無水鍋の様な厚みのある鍋で炊くとふっくらおいしく炊けます。

金時のレシピ

金時のおろし和え

手順1

先ほどの記載の手順でゆがいた金時を水を切っておきます。

手順2

砂糖が大さじ1、酢大さじ2、塩少々、薄口しょうゆ大さじ2を混ぜ合わて、大根のすりおろした物を搾り和える

手順1の金時と手順2の大根おろしを和え、あさつきを散らしてできあがり。

ワンポイント

この料理は豆本来の味が楽しめます。

金時の販売

山盛屋坂本がお勧めする豆

産地

金時は世界中でされておりますが、一番おいしいと言われているのが北海道の帯広の大正村の大正金時です。大正金時とは品種の名称。大正金時という名前の由来は十勝地方の大正村(現在の帯広市大正町)で量産されたことからきているといわれています。当店の金時に関しては全て北海道の十勝で生産された大正金時を使用しております。

大正金時の特徴

色がはっきりした赤色で、炊き上がり、煮上がりが非常に大きくなります。豆自体の味が濃い味ではない為、様々な料理に合います。日本では一般的に煮豆が主流ですが、南米などでは金時を煮込み料理などにも使われているぐらいです。

オススメポイント

現在では大正金時と言っても産地が違う商品などが多いですが、当店の大正金時は北海道十勝産の金時です。本物の金時の味をお楽しみ頂けます。