信州紫花豆について

信州紫花豆とは

紫花豆とは、いんげん系の中の豆のべにばないんげんの事をいいます。紫に黒のまだら模様が入っているので一目見るとすぐにわかります。大きくわけると2種類あり、白花豆と紫花豆が該当します。紫花豆は全国でも生産量が気候などに左右される為、バラバラです。国産のものに関してはかなり貴重です。

豊富な栄養※以下記述

ビタミンB1

脳や神経の唯一のエネルギー源です

ビタミンB2

肌荒れ、吹き出物を抑え肌を健康に保ちます

カルシウム

日本人に最も足りない栄養素で、タンパク質と一緒に摂ると吸収が倍増し豆はその両方を併せ持つ代表食品です

マグネシウム

筋肉の収縮を調整します

貧血症状を防ぎます

食物繊維

大腸癌・生活習慣病の予防に良い

信州紫花豆の簡単なゆがき方(200gの場合)

信州紫花豆1000ccの水の中に一晩水に漬けて戻します。(目安は7時間〜8時間)水を加えることなく火にかけ沸騰してから30分から40分弱火で煮ます。

ゆがいた豆をそのままサラダの上にのせて食べてもすごくおいしいです。

豆を上手に炊くコツ・・・薄い鍋(アルミ鍋などの薄手の物)は火のあたりが強いので、全体に硬さが残る場合があります。七層鍋や無水鍋の様な厚みのある鍋で炊くとふっくらおいしく炊けます。

信州紫花豆のレシピ

材料

先程ゆがいた紫花豆

グループA
鶏ひき肉・・・300g
塩・こしょう・・・各少々
パン粉・・・・2分の1カップ
卵・・・・・1個
玉ねぎのみじん切り・・・・2分の1カップ

小麦粉・サラダ油・・・・各適量
小玉ねぎ・・・・8個
じゃがいも・・・・2個
にんじん・・・・2個
ブロッコリー・・・・・2分の1個
バター・・・・・30g
牛乳・・・・・3カップ
塩・こしょう・・・・・各適量

手順1

グループAの材料を混ぜ合わせひと口大のだんご状に丸め、小麦粉をまぶし、サラダ油で炒める。

手順2

小玉ねぎは上下を切り落として皮をむき、じゃがいも、にんじんは一口大に切る。ブロッコリーは子房にわけてゆでる。

手順3

なべにバターを溶かし、小玉ねぎ、じゃがいも、にんじんを炒め、小麦粉大さじ3を振りいれ、牛乳3カップを加える。

手順4

水気をきった豆と手順1のものを加え、野菜が柔らかくなるまで煮る、最後にブロッコリーを加えて、塩、こしょうで味をととのえる。

信州紫花豆の販売

山盛屋坂本のおすすめの紫花豆

当店では本当の紫花豆の良さを味わって頂く為に、長野県産の紫花豆をご用意させて頂きました。いんげん系の煮豆の中では非常に甘みもあり、おいしく炊ける一品です。食べると実感して頂けますが非常にコクがあり、あっさりしてます。